スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R56 JCW。

ご無沙汰です。
最近はなんだか色んな事へのやる気が落ちていまして、ゴロゴロしてました。
ですが、そんなじゃいかんぞ?と言うことで久しぶりに車を見に行ってきました。


FC20170212_1
BMW ミニクーパー
中でもよりスポーティーな「ジョンクーパーワークス」です。
この、赤に黒のラインがよくて探していたんですが価格の折り合うのがあったんで見に行ってきました。
お隣県の千葉で、自宅から40kmのところなのですが、なぜか片道2時間はかかりました。

この車、ライトのフチやらグリルやらがブラックになっている(純正オプション)のが残念です。
個人的にはメッキがよかったなあ、と。
ですが、コペン と同様の丸目で可愛くもありながら、なにやらいかつい雰囲気でよかったです。


FC20170212_0
テールランプのフチも黒。
そして、リアにはストライプがないので普通に見えます。
これはこれで悪くはないんですが、リアにもストライプが欲しいと思いました。
と、なるとセンターに二本入っているパターンじゃないと無理なのかな?

ちなみにですが、この JCW というモデルは いわゆる普通のターボモデルである「クーパーS」
よりも高出力でカタログ値で211ps (実測で概ね240psと言われています)1.6Lターボで
このパワー、そして1200kgという重量は魅力的。
コペンの1.5倍の車重で3倍のパワー。
そして、ドイツ ゲトラグ社製の6MTとなれば、いくしか?
いっちゃう?

でも、内装は正直言って、ダサい。。。
スポンサーサイト

RCZ 試乗してきました。

今のところ、なぎさんの次車候補 No,1 のPeugeot RCZ。
予想通り、親父はすごく嫌な顔をしましたw

でも、そんなのかんけーねえ!と試乗してきた次第です。


FC20161016_0
今のところ、この色が狙いです。
写真では赤く見えるかもしれませんが、メタリックのオレンジです。
派手。


FC20161016_1
FFゆえにぼってりとしたフロント周り。
その割になぜかデッキが長いのが不思議なところです。
おかげで結構な広さのトランクを確保していました。
コペン(゚∀゚) より実用的。
1世代前の実にプジョー然としたダサいエンブレムが好きです。
※後期型はカッコイイんですが、プジョーに見えないところが×。


FC20161016_2
フロントとリアのフェンダーがグラマラスで素敵でした。
欧州車はタイヤが大きいですね。
ちなみに、19インチ。 235/40 なのでタイヤ代が大変そう・・・。


FC20161016_3
ぼってりとしたお尻。
スポイラーは速度感応型。85kmで半開、155kmで全開。
特徴の一つである「ダブルバブルルーフ」がわずかに見えます。
ちゃんと撮ってくればよかったorz


FC20161016_4
初左ハンドル。
インターフェイスが左右逆なのでとにかく運転しにくかったです。
晴れているのに、ワイパーを最高速で動かしている左ハンドルの外車はきっと
なぎさん のように不慣れは人ですw
このあたりは慣れの問題でしょう。

6速のミッションは感触がとても素晴らしかったです。
適度な抵抗とストロークが最高です。
でも、Rはとても入れにくかったですw

加速はとても1600ccのものとは思えないほどでした。
すごく速いわけじゃないんですが、必要十分な感じです。


FC20161016_5
そんなこんなで、もう買っちゃってもよかったんですがこの車体にいくつか難点が。

 ヘッドライトにスモークがかかってる
 社外マフラー
 ローダウン

それと、この車種そのものに難点が。

 全長:4,290mm 全幅:1,845mmとかなりのワイドボディ。
 なぎさんが過去に乗っていた30ソアラ(全長:4,860mm 全幅:1,790mm)に近いです。
 近いっていうか、長さは短いものの幅は5cmもデカい。

なので、もう少し悩みます。
まだ TT と MINI にも試乗したいしね。

そろそろ、次の車を・・・。

最近、身内で色々とありまして、やっぱりいざという時に人を乗せられない車は
不便だと実感いたしました。
コペン はいい車で、楽しいし経済的だし言うことないのですがね。
出来れば2台持ちが望ましいのですが、週末ドライバーは1台でもそんなに
乗れないし勿体ないし・・・。


で、次車の候補を探すにあたり、重視している条件がこちら。

 ・一回くらい外車
  ヨーロッパ車がいいなあ。できればドイツ車。

 ・内装がイカしている
  メーターとか、変わってる感じがイイ。

 ・6MT
  乗ったことないので。

 ・200万まで!
  出来れば150万以内w

探し出した時は、BMW MINI のクーパーS。その中でもジョンクーパーワークス
を探していたのですが、なかなか条件に合うものが出てこず、クーパーSに
妥協しようかとも思ったのですがなぜだか最近周りで買う人が多くなったのでいったん見送り。
色々と見てみたところ、今のところ下記の2種がツボに入ってきました。


FC20161011_1
AUDI TT 2.0TFSI(8J)

中古では3.2のクアトロ(4WD)が安いことが多いのですが、街乗り重視だと2.0のFFのがイイみたい。
そして、内装がやたらカッコイイのがポイントです。
残念な点が 6MTがなく、Sトロニック という2ペダルMTになってしまうというところです。

ただね、軽に乗りなれてると車体が大きい・・・。


FC20161011_0
PEUGEOT RCZ

レア度でいえばこちらか。
街中では見たことがないです。
排気量 1600ccの直列4気筒エンジンにターボという、ダウンサイジングコンセプトの
車で、出力は150PS 訂正:6MT車はもれなく200PSとのこと。
1300kgの車体にはちょっと力不足を感じますが、それを補って余りあるフォルムです。
 ※200PSあれば十分でしょう。余談ですが特別仕様の「R」では275PS絞り出してるそうです。
特にリアフェンダーの張り出しがおかしいです。かっこいい。
そして、内装が超絶カッコよかったです。
こちらは6MTなので、フランス車だという点以外に問題はないか。
が、ここが最高に問題で、車修理をしている父が普段は便利なのにこういう時は
とにかく面倒くさい。
「あ?フランス車?すぐ壊れる。」とか言うのが目に浮かびますw
お金を出すのは なぎさん なので、買ってしまえばいいんですけどね。

乗り換えるにしても来年の春くらいにはなると思うのでまだまだ要検討です。
この時が一番楽しい。

なぎさん的に、世界一カッコいいオープンカー。

外観が好きで好きでたまらないオープンカー。

トライアンフ TR4/5

これのグリーンやつがまたカッコいいのです。

ただいまヤフオクに出品されていて欲しくて仕方ないのですが、いかんせん なぎさん よりも年上の車なので恐らく維持しきれない。
状態維持ね。
おとんが診てくれればいけそうなんだけど、うちのおとんはコペンにすら難色をしめしたほど馬鹿車が嫌い(なぎさんが買うことがね)
なので現実的ではないですね。


・・・・200万か。貯金崩そうかなw





※これはTR4。画像はWIKIからお借りしました。

死んだ魚のような・・・・。

古くなった車のライトって、掲題の様になっていたりしますよね。
なぎさん、昔から濁ったライトが好きじゃなくて磨き過ぎた挙句余計ダメにするなんて事をしていたりしたのですが、
近年はお手軽に丈夫な皮膜を形成できるコーティング剤が出てきたりしていてケアしやすくなりました。


FC20150512_1
なので!今回は弟の車、ステージアのライトのケア。
ビフォー。見てくださいこのヒドさw
本人はさして気にしていなかったようですが、会社の同僚に指摘されたとかで最近急に気になっていたようです。
「業者じゃないと綺麗にできないんだって」
とか言っていたので、お兄ちゃんが頑張った。


FC20150512_0
アフター。
手磨きでもこれくらいにはなりますの。
ペーパーまで当てると研ぎ出しが面倒なのでコンパウンドのみで磨き込み。
よく見るとくすみが残っているものの、ビフォーと比較して雲泥の違いなので十分としました。
プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。