スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルクレンチ。

前回、唐突にRHM9をバラしたのはこれ、トルクレンチを購入したので使ってみたくなったからなのです。
若干の異音も出るし、2年乗りっぱなし(言うほど距離は乗っていない)でもあるしいいタイミングでもあったからです。


FC20140124_0
せっかくなので高くはないですがデジタルの物を購入してみました。
そこそこ精度はあるとの評判だったからあくまでサポート工具と考えれば問題ないと判断しました。

使ってみた感想なのですが、工具がどうこうというよりちゃんと使い方を知らないと全然ダメだなと思いました。
今回は特に。
最初にハンドルのクランプ部をステムに印字してあった数値で絞めてみたのですがやたらと絞める。
時分の感覚ではやりすぎじゃないの?というくらいの絞め具合だったので作業を中断しいろいろ調べてみたところ、印字してあるのはあくまで最大値であって理想は「滑ったりしない最低限の締め具合にせい」というのが一般的だそうです。
だったら、感覚で絞めてても変わらないじゃないか、と思ったりもしましたが上記を踏まえて低めで設定しておけばそれなりに役立ちそうな気がしないこともないです。
あと、注意点としては
 ・ボルトにグリスは塗らない
 ・増し締めしない
とのことでした。

カーボンバイクにはトルク管理は必須といわれておりますが、個人的には手間を惜しまず弱めから強くしていくようにリトライすればなくても出来るなあと思います。
ネジを切っちゃうくらい絞める人は持っていたほうがいいかもです。

なぎさんはトルクレンチを使用してみて、絞めるトルクが弱めの傾向があるのがわかりました。
今後は少し強くしてみようと思います。

最後に、RHM9の異音の件ですがBBが緩んでましたorz
スポンサーサイト
プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。