LEDテールの分解。

最近は仕事が忙しく、なかなか時間が取れないのですがコツコツと分解してみました。


FC20150715_0
殻割り。
樹脂を溶かさないよう気をつけながらホットガンであぶり、テコの原理で外れました。

開けてみたところ中が真っ黒になっていました。
レンズの赤みが純正に比べて(これも純正テールですが・・・)スモークがかけてあるように黒いなあとは思っていたんですがこういうことでした。


FC20150715_1
購入時に切れているといわれた外側の発光部の基板裏。
基板?
これ、PVCの板みたいwww
基板使わずに空中配線状になってます!
こういうやり方もあるのね~

見た目では特に以上が内容で、よくわからないので試験点灯をすることにします。


FC20150715_2
9Vの電池を繋いで試験点灯。
異常なしです。
基板(?)を反らしたり揺らしたりしても点滅や消灯もないので問題はなさそう。


FC20150715_3
内側のユニットも問題なし・・・・。


FC20150715_4
なんだか嫌な予感がして、「正常」であるはずの右側を試験点灯。
こっちか!!

「不良」のマーキングはバラした方についていたので、正常なほうを疑いもせずに殻割りしてしまいました。
手間が・・・・・。


FC20150715_5
結局、両方とも殻割りすることに。
分解して基板(?)の裏を確認したところ、すぐに原因がわかりました。
抵抗が焼けちゃってますね。

抵抗そのものに原因があって焼けたのであれば換えてしまえば修理完了なのですが、なんか抵抗値の計算をやり直してみたほうがいい気がしてきました。

いまどきのフルLEDテールにしては球数も少なめなので、リフレクターを入れたりして新しく基板で作り直すのも楽しそう・・・。
しばらく悩んでみようかな~
スポンサーサイト
プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク