BRIDESTONE RADAC。

2010年11月20日

RADAC。
オーバーホール(というより、レストアに近い;)をするに値するかを考察。
修理代に30kくらいかかるのは目に見えているので、修理をするか新しいのを買うかを早めに判断しておかないとね。
コイツはコイツで思い入れがあるし、何よりがんばって直せば愛着が増すのは前回までの MuddyFox で痛感しているので無駄ではないかな、と思ってます。
春に修理をすればいいやと考えていたんだけど春には乗りたいからそれまでに何とかしておきたいのが希望。
というか、分解と組み立てが楽しい今日この頃。
ただ、互換パーツがなかなか無い上に、あったとしても今よりグレードは落としたくないわけで。
そうなるとけっこう面倒なのよねえ・・・。

なぎさんのRADACのコンポーネントは主に「SHIMANO 600 ULTEGRA」というもので、わかりやすく言うと上から2番目のグレードで、完成車で30万くらいの自転車に使用されるコンポらしいです(wiki調べ)
当然ながらパーツ単体でもいいお値段がするわけで、何とか近いグレードを維持して直して行きたいなと思うわけですよ。

修理するにあたって、「シートポスト、ステム、BBが固着していなければ」が条件になるので、まずはこのあたりの分解かな~。

なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_0
STI。
中古でも10kくらいで取引されてるパーツじゃないかな。
作動はするので分解洗浄を行ってこのまま活躍してもらう予定。
なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_1
ハンドル周り。
「SAKAE GT」なんて、全然知らないものなのですが。。。

最近のカクカクしてゴツイドロップよりも丸みが好きなので、このまま使用します。
もち、バーテープは巻きなおすよ!
なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_2
ステム。
NITTO CRYSTALだったかな?
けっこういいお値段するのよ、この部品。
このまま使用予定。
なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_3
RADACの証し。
リヤのブレーキワイヤーはこうやってフレームの中を通るのがRADAC。あ、アルミモデルです。

余談ですが、なぎさんの RADAC はテーラーメイドと言って、セミオーダーのモデルになります。
前三角がアルミで後三角がクロモリというハイブリッド構造w
いっそ、フルクロモリが良かった・・・。
なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_4
ブレーキ。
途中でデュアルピポッドのものに換装しました。
ばっちゃが生きてた頃に買ってもらったやつなのでかれこれ15年前か。
あ、コレ、ばっちゃの形見(?)か。

またまた余談ですが、ヘッドパーツも 「600」です。
固着も無く、そこそこスムーズに動くのに驚いた。
なぎさんの「真・人生薔薇色計画」-20101120_5RADAC はものによっては最近のブレーキが使えないらしいのですが、幸いにも なぎさん のRADACはブラインドナットなので大丈夫。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク