カーボンディープ。

新しいホイールを買おうと思い立ち、アルミにするかカーボンにするかさんざん悩んだのですが今回はカーボンにしときました。

中堅どころとはいえアルミは Racing3 がいるのでどうせなら、ね。
ここでレーゼロを買っても絶対にカーボン欲しくなるしね


FC20131210_0
ハイブリッドクリンチャーを買っても物足りなくなりそうなのでフルカーボンチューブラーにしました。
BOMA の旧モデルで中古品。
走行1,000kmほどとのことと、なんだかBOMAのホイールが欲しかったからということで。
軽量(50mmハイトで1,300g程度)のもいいかなあと思っていたんですがスポークが折れるという話をよく聞くのでちゃんとしたものがいいかなあと思ってるところでそこそこの出物が出てくれました。

直前で中華カーボンリムのG3手組みを落としそこなったって事もあったのですが結果的にはOKかな?
スポークはSAPIM製でけっこうしっかりしていながら1,500g弱と重量は許容範囲。
欲を言えば1,400gくらいだとよかったんですが価格的にも仕方ないところか。
フレームとは時期があってるのでそこそこ似合ってると思います。

この状態で重量は7.3kg でして、軽量ホイールにしておけばなあと思わないこともないです。
サドルとタイヤを軽量なものに換えてもこのホイールでは7kgを切れない・・・。
※いや、7kgを切っても何もないですけどね。


FC20131210_1
艶々がよかったのですがマットなカーボン。
ロゴも新ロゴに張り替えちゃおうかな、とか思っていたんですがロゴの上からクリアをかけてあるようでステッカーは剥がれそうもないです。


FC20131210_2
ハブはPMP製だそうです。
ドライブ側の径が大きくてよさげなハブですが、残念ながらカートリッジベアリングです。
カップ&コーンにあらずんば高性能ハブにあらず!
という気はないですが個人的にはカップ&コーンが好きです。
回転体の性能が最重要ファクターだと思っているなぎさんにとってはレコードハブは実に素晴らしく、ここだけみればレーゼロにしておけばよかったと思ったり思わなかったり。
とは言え、回転は実にスムーズ。
手軽にこのクオリティを維持できるならカートリッジ式も侮れないなあと思いました。

ちなみに、Racing5を上回る爆音です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク