スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突に、釣りがしたくなりました。

いやはや、衝動というものはなかなか不思議なもので今一番不向きと言える事がまましたくなるので
困ったものです。

 ・冬真っただ中、寒し。
 ・2シーター、車内での休憩困難

と、ムーヴの乗っていて暖かいときは何度もあったのになせ今行きたくなるのか?
とりあえず、気分を満足させるためにも昔使用していた道具を引っ張り出し、キレイキレイしました。

なぎさんがやってたのは1996 ~ 1999 くらいのバスが流行った頃で、もう20年近く前になります。
そんな頃の道具を敢えて使用する事に機材マニアの血が騒ぎます。
では、そんな なぎさん の道具をご紹介します。


FC20160131_0
SHIMANO Bantam Scorpion Metanium XT

確か、当時のフラグシップ的なシリーズだったと記憶しています。
ちょいと汚くなっていて「これ、使えんの?」って状態だったのですがバラシてメンテとクリーニングを
行ったところ、まだまだイケそうな感じでテンションアップです。

当時の釣行の際、あまり大きいのを釣れなかった なぎさん ですが一番大きいのを釣ったのはこのリール
とEDGE EGC-665 というロッドの組み合わせです。とは言え、39cmでしたが…。


FC20160131_1
DAIWA TD-S 1500iA
SHIMANO派だった なぎさん が使用した唯一のダイワ製リールです。
どうしても国産品が好きで、ABU は食指が動かなかったことは記憶していますがなぜSHIMANOの
スピニングから買い替えたのかの動機は覚えていません・・・。

ちなみに、SHIMANOのスピニングも使っていまして、「ULTEGRA XT 1000」というモデル。
過不足なかったはずなのですがホント、なぜ買い足したのか…。


FC20160131_2
PALMS EDGE EGC-606

当時、1ピースのロッドが全盛で多分に漏れず なぎさん も1ピースでした。
このEDGE というロッドは当時中々の高級なロッドでなかなか好みの長さ固さのものが買えませんでした。
EGC-665 は従兄と遠くまで探しに行って買った記憶があります。

この頃乗っていた車は 92レビンで助手席から後部席へと無理やり積んでました。
無理やり積んで、主に3人で行っていた気が・・・。
若かったなあw

ちなみに、このロッドは なぎさん のバス釣り末期に購入したもので一度の実戦使用していません。
買った後で、冷めてしまいました。

主に使用していたのは同シリーズの EGC-665 というロッドでして、これは霞ヶ浦で折ってしまいました。
捨てられず、まだ実家に寝ています。


FC20160131_3
EGC-606のガイド。
チタンフレーム+ゴールドサーメット というのが当時の流行にして高級ロッドの証?

このゴールドサーメットというものはセラミックとメタルの複合素材でえらく高かった記憶があります。
今どきのロッドでは使用されず、バス釣りバブル期の遺物といったところでしょうか。
「衝撃に強く割れにくい/素材色が金で高級感がある」という利点と比較的硬度が高いものの
PE という強いラインを使用すると削れてしまうことがあるらしく最近は見かけないそうです。


FC20160131_4
PALMS FLAME FDGC-666

この FLAME というモデルは 愛用だった EDGE の2ピース版 とも言えるもので当時は全く興味が
なかったのですが、最近買い足しましたw
コペン では屋根を開けないと長いものは積めないので;

FC20160131_5
購入した後に調べたところ、この FLAME は第2世代のもので 「FLAME Distance C2」 というようです。
何が変わったのかがわかりませんが、2002年にモデルチェンジをしている様でどちらにせよ古いものですね。


FC20160131_6
FLAME のガイドは SIC でした。
90年代、SICは中級品に使用されていた記憶がありましたが、今はこれが主流のようです。
PEラインの台頭でゴールドサーメットが「削れやすい」というデメリットのおかげで衰退したせいでしょうか。
あと、価格?(ゴールドサーメットはSICの倍くらいした)
上記ゴールドサーメットと比べると厚くもっさりした印象ですが、これはSICが高硬度のため割れやすい
ためでしょうね。
EDGE のガイドと比べるとフレームの形状が違っていて、これが世代の違いでしょうか?


FC20160131_7
PALMS FLAME FPGS-602

スピニングロッドです。
当時は FALCON というメーカーの1ピースを使用していたのですがやはり2ピースのものを買い足し。
第二世代品で特徴は上記の FDGC-666 と特に変わらないので割愛。
もう、面倒になってきました。


さて、これらの道具で何を釣りましょうかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なぎさん

Author:なぎさん
ヘルメットを更新しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。